売上公開中!独立一年目にやったこと【売上350万】

独立1年目の売り上げはこんな感じです。
0からのスタートではないので、ちょっと特殊かもしれません。
1年目は前の会社との取引が6割くらいです。

フリーランスになろう!と決めてからやった事。

あとはランサーズ経由の売り上げ。

当時ぼくは、実力的にはたいしたことはなかったと思う。
Webの勉強を始めて4年目でPHPもあんまりわかってなかったし、javascriptもあんまりわかってませんでした。

プロフィール

フリーランス1年目にあったこと。

辞めてすぐ前の会社から仕事を頂けました。
ですが、3か月目を見てわかるように続けて仕事があるわけではありません。

というわけで、ランサーズをやり始めました。
ですが思うようにいきませんでした。

というわけで、ランサーズで提案する案件を絞りました。

  • 修正案件
  • 短時間で終わる案件

とりあえずはこの二つを選んで提案しました。
修正案件は、提案数も少なく比較的とりやすかったです。
おまけに修正案件は、かなりの短時間で終わる案件が多く高収入です。

修正案件をいくつかやっていると、個別で連絡が来るようになりました。
ランサーズでリピーター率を上げる方法の一つ。

修正案件でクライアントの信用度を上げる

短時間で終わる案件とは?

  • HTMLだけのコーディング案件(5ページ程度)
  • 使うテンプレートが決まっている案件

HTMLの案件は、比較的短時間で終わるし、納品も簡単です。
この案件の特徴は、納期の時間が短く人手不足のクライアントが多いです。

ここでの信用度を上げる方法は、納期と品質を守る
修正案件とこの案件はつながってることがある。

  • 1.ランサーズで仕事を出す
  • 2.新人ランサーが案件をとる。
  • 3.失敗する
  • 4.修正案件が出る

この流れ。当時はこのパターン結構ありました。

ランサーズで仕事を出す案件は短時間で終わる案件。
ここで失敗した案件が修正案件。

どこで仕事をもらっても良いけど、この二つの案件はなかなか良い。
修正案件をするだけで、かなりの信頼を得ることができます。リピーター率もかなり高い。

というのが何回かあって、5月くらいから案件がいただけるようになりました。
毎月小さい案件をちょこちょこ頂けるようになった。

特別なことは必要ない。一件一件確実に納品する

普通の事なんですが、1年目やっていたことはこれだけです。
前の会社からの依頼で売り上げが6割。

200万以上ありますから、そこまでお金の苦労とかもなく1年目を無事終えることができました。

これを運だとは思っていません。※多少はあるかも・・・。
1年目は楽天トラベル系の案件が多かったんですが、賞とったりとか実績をあげてました。
その結果、前の会社の売り上げもあがるし、僕がやめた問題も解決。

ランサーズ関連のクライアントとの取引も金額は大きくありませんが、数が多かったのでそれなりの金額になりました。

この結果からわかるのは、1年目もっとも大事なのは、クライアント信頼を得ること

でも、2年目どうなるのか。。。不安はありました。

  • いつまでも前の会社を頼るわけにもいかない不安
  • ランサーズの手数料とか不安定な収益
  • 他の会社の売り上げもまちまち
  • 次年度の予定は0

あー不安だぁあああ→2年目に続く。

※ちなみに1年目でランサーズに提案することを辞めました。

この記事を書いた人

Yuhei Katayama

【フロントエンドエンジニア】

2014年よりフリーランスとして活動開始、3年目。タイが好きでよく行く。人手不足を補うをもっとうに仕事しています。HTML、Wordpress、EC-CUBE、MakeShop、カラーミーショップ、楽天のカスタマイズ経験あり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

赤ヒツジ先生~コーディングチェック~

このサービスは、コーディングのHTMLチェックではなく、デザイン通りにコーディングできているかをチェックするサービスです。