それでも働く。

こんにちは。ゆーへーです。

ブログを書くのはほんと久々で、今日は今書きたい事を書こうと思います。

主にここ半年の病気のこと。

辛い時は、普段と同じ事をする。

約2年前、舌癌という病気にかかりました。
発見は早かったんですが、正月挟んでしまって病院の対応もなんか適当になって結果舌を半分摘出することになりました。

まぁそれは慣れたんでもういんです。

2年後、今年の3月です。癌が再発?かわかりませんが近所に出来てました。
それもすぐわかったんですが、発見から検査して、手術まってたら巨大になっちゃって左の歯を3本失いました。

まぁもともと、左側は舌もないし、いっかって感じでした。
ただ口が1cmくらいしかあかないのはちょっと食事が大変だったけど・・・

生きてるし、まぁいっかって感じです。

退院から1カ月後。また近所で・・・。首にも転移してました。
6月の話になります。それから待って7月の半ばに手術。

左頬全摘と全摘した左頬をふさぐために、腹直筋半分摘出して接合しました。
転移していた首は、リンパ節を耳元から切除。声も思うようにでなくなった。

今までで一番大きな手術だったんじゃないかなーって思います。

そして、現在に至るんですが。

生きてます。
傷もある程度ふさがってます(一部まだ治ってない)

癌の再発が見つかった3月から半年立ちます。
手術したり入院したりの繰り返し、通院も月に何回も2時間かけて行きます。

たぶん世間的にはこういうのってすごい大変だと思うし、かなり辛いんじゃないかって思います。
普通なら仕事してる場合でもないかもしれない。

ただそれでも仕事してました。
なんでって言われると、やっぱり人と関わってないといろいろ考えてしまうからなんだと思います。

あとお金もかかるし。保険があるのでほぼ全額賄えてますが、それでも少し足らないかなってくらいです。

病気になると難しい事が考えれません。
ひどい時は、テレビを見る事も出来ないし、本も読めない。

痛みがあるわけじゃないけど、気分的に”出来ない状態”になる。
もちろんその時は仕事は無理。

また手術する可能性はかなり高いけど、たぶん死なないと思う。

だから、病気になった時のことを考えても仕方がない。

その時は、辛いししんどいかもしれないけど、たぶん死なない。

仕事の事も何も考えてなくて、ゲームやテレビばっかり見てたらたぶん僕はダメになってたと思う。

他の病気でも同じだと思うんですが、精神を正常に保つには普段と同じ事をした方が良い。

 

 

はああああああああああああああ
というか病気なりすぎだろおおおお。

なんだ再生不良性貧血って!癌なりすぎいいいい。
金かかりすぎだろおおおお。300万ってなんだああああああ

 

おしまい。

この記事を書いた人

Yuhei Katayama

【フロントエンドエンジニア】

2014年よりフリーランスとして活動開始、3年目。タイが好きでよく行く。人手不足を補うをもっとうに仕事しています。HTML、Wordpress、EC-CUBE、MakeShop、カラーミーショップ、楽天のカスタマイズ経験あり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

赤ヒツジ先生~コーディングチェック~

このサービスは、コーディングのHTMLチェックではなく、デザイン通りにコーディングできているかをチェックするサービスです。