他は不要。WordPressのカスタマイズに必要なプラグインはこれだけ

おなやみさん
プラグインおおすぎ!!Wordpress便利だけど、結局どれがいいの?

ホームページ制作に携わってはや7年目。いや8年か?
系400サイト近くの様々な業種のサイトを制作してきました。

レストラン、不動産、企業、個人、メディア、ショッピングサイト。ほんといろいろ。

そのたびに、プラグイン検索して探していましたが、最近はこれだけ入れてればOKっていうプラグインたちを決めてます。
時間の節約にもなりますし、バージョンの関係で使えない問題がないのなら、新しいものを探す必要なしです。

ここで紹介するのは開発側のプラグインです。

とりあえずインストール、便利すぎる常駐プラグイン

これだけ入れておけばOKなプラグインたちなので、Wordpressインストールした後にいちいちプラグインを探す手間ともおさらばです!

入力補助プラグイン

  • TinyMCE Advanced
  • Auto Post Thumbnail
  • AddQuicktag

開発補助用プラグイン

  • WP Emmet
  • Types
  • Advanced Custom Field Pro
  • Regenerate Thumbnails
  • Breadcrumb NavXT
  • Duplicate Post

検索用プラグイン

  • Seach&Fillter

公開後のSEO設定・管理画面カスタマイズ

  • Admin Menu Editor
  • All In One SEO Pack

お問合せ・ライトボックスのプラグイン

  • MW WP Form
  • Contact Form7
  • Responsive Lightbox

入力補助プラグインの決定版

エディターのカスタマイズならこれ「TinyMCE Advanced」

このプラグインは、エディターのカスタマイズができることは有名ですが、クライアント用にエディターのアイコンを追加することも出来てしまうのです!!
例えば、特定の見出しにこのデザインを入れたいって場合とかにも使えますし、Wordpressのおせっかい機能であるPの自動生成も解除できます。

設定もエクスポートできるので、一個作っておけばインポートするだけでOK!

アイキャッチの入力もれもこれで解決!「Auto Post Thumbnail」

ブログとかで、アイキャッチを入れてほしい時ってありますよね。
ただ、一回一回いれるのは、面倒。このプラグインを入れればそれも解決されます。

更新ボタンを押せば、最初の画像が自動的にアイキャッチに登録されます。

Function.phpにゴリゴリ書く方法もありますが、アイキャッチで登録した画像の方が画像の大きさも選べるのでオススメです。

お手軽にコードをコピペできるプラグイン「AddQuicktag」

このプラグインは、好きなテキストを登録できます。
テーブルのタグを登録しておけば、ペタッとワンクリックです!

HTMLがわからないクライアントも安心です。

開発補助用プラグイン

爆速コーディング!入力はこれで決まりでしょ。WP Emmet

Emmetは有名ですよね。それがWordpressでもできます。
これあるのとないのとでは、入力スピードが全然違います。

これ入れてないとかありえないです!!

カスタム投稿ならこれが良い。Types

このプラグインはカスタム投稿と、カスタムフィールドが一つになった神プラグインの一つ。
これあれば、複雑なサイトも簡単にできてしまう。が、カスタムフィールドが若干使いづらいので、カスタム投稿の機能だけをよく使っています。

カスタム投稿は、投稿。固定ページのように、独自の投稿ページを作ることが可能になります。
他にもあるんですが、最終的にこれに落ち着きました。

神プラグインOF神プラグイン、カスタムフィールドならこれ、「Advanced Custom Field Pro」

これ以外のプラグインで有名なところは、モンキーレンチ氏のSmart CustomFieldsですかね。
簡単なカスタムフィールドなら、いんですが、より複雑なカスタムフィールドならAdanced Custom Fieldです。

これのPro版があるんですが、リピート機能のほかにオプションの追加機能があってこのオプション追加機能はマジでいい。
オリジナルのテンプレートを作るのにも役に立つし、グローバルなフィールドが追加できるのはかなり良いです。

例えば、季節ごとにデザインを変えたい。FacebookやTwitterなどのSNSのIDを登録すればそれが管理画面から、触れるのです。
グローバルな設定があるならこれが便利ですね。自分で組むのは大変だしね。

プロ版を買わなくても通常版でもかなり優秀ですが、プロ版がオススメです。一回買えばずっと使えます。1万円ほどで買えます。

サムネイルサイズ変更後はこれで再構築。「Regenerate Thumbnails」

サムネイルをリジェネレートしてくれます。
画像あげて、サムネイル設定かえたのに画像変わらなかったことないですか?
Wordpressは、一度メディアに画像をアップするとそれでサイズが生成されてしまうので、Function.phpでサイズを変更した後は、再度生成する必要があります。
そういう時、これを使えば、再度生成してくれるので、それも解決です。

Breadcrumb NavXT

パンくずリストはこれでOK。構造化マークアップにも対応可能です。ちょっといじる必要があるみたいです。

「構造化マークアップ Breadcrumb NavXT」で検索してみてください。

Duplicate Post

記事の複製ができます。最初お客さんにデータを確認してもらう時に、いちいち新規作成で着くのはめんどくさいです。
なので、このプラグインで複製します。

検索・絞り込み

絞り込み検索はこれ一択「Search & Fillter」

有料の絞り込みプラグインです。
これがあれば不動産サイトやECサイトも簡単に出来ます。
リアルタイム検索が可能なので、絞り込みにも最適!

自作でも可能ですが、プラグインが優秀すぎたのでこれとカスタムフィールド組み合わせを使えば怖いもの知らずです。
自作の方法は下記の記事に書きました。理屈は同じようなものなので知っておいた方がいいでしょう。

>【WP】不動産サイトでよく見る絞り込み検索を、カスタムフィールドの値を使って作ってみた。

公開後のSEO設定・管理画面カスタマイズ

このメニュー見せたくない!の決定版はこれ「Admin Menu Editor」

左サイドのメニューを自由に変更できますし、特定の固定ページをメニューに追加することもできます
ダッシュボードをけすとログインできなくなるので注意。間違えて消してしまった場合も、リセットできるので、安心してください。

これでリセットされます。マジで焦るから。

SNSの設定、SEOの設定、Googleの設定はこれ一本でOK! All In One SEO Pack

Twitterカードの設定もFacebookの設定もGoogleに送るようのサイトマップも、SEOの設定もこれ一個でできてしまう!!
これ入れてないことないわ。絶対入れてる。

Google analyticsの設定もanalyticsのIDいれるだけでOK。

お問合せ・ライトボックスのプラグイン

お問合せフォームはこれが便利。「MW WP Form」

他にもCotnact FormとかTrustFormとかいろいろありますが、MW WP Formは開発者にとってはかなり融通が利きやすいので、良い。
個人的には、「この記事へのお問合せ」機能が簡単に追加できるので好きだ。モンキーレンチさん最高!!いつもお世話になっています(^^)/

 

 

複数設置可能はお問合せフォームContact Form

たまーにですが、1ページ内に複数フォームを設置してほしいという仕様があります。
MW WP Formでは、それが出来ませんので、その場合は、Contact Formを使用します。
使い方はどのフォームもだいたい同じ。

ライトボックスはこれにしました。「Responsive Lightbox」

ライトボックスも複数あります。ありすぎです。このプラグインはライトボックスライブラリーっていうんかな。複数のライトボックスが入ってるので、ここから選べばほどまかなえるでしょう。個人的には、prettyPhotoがオススメ。

ライトボックスってスマホでみると、微妙に合わない時があって、prettyPhotoはスマホにも最適化されてて良いです。

さいごに

これさえ入れてればOK!

他は、細かいところは、PHPで書いたりするですが、せっかくWordpressなのでプラグインを使って時間を節約しましょう!

赤ヒツジ先生~コーディングチェック~

このサービスは、コーディングのHTMLチェックではなく、デザイン通りにコーディングできているかをチェックするサービスです。