WordPressとDropboxを使ったバックアップ方法

ブログ 制作手順マニュアル

おなやみ君
最近レンタルサーバー会社のサーバーがおちて、WordPressにアクセスできない・・・。
WordPressのデータをバックアップもとってないし、どうやって取ればいいのかもわからない。

こんにちは。ユーヘーです。
バックアップしてますかー!!(^^)/

たぶんほとんどの人がバックアップはとってないんじゃないでしょうか。
だってWordPressのバックアップってどうやるかわからないですよね。

WordPressはデータベースで動いてますので、FTPでテンプレートファイルだけを落としてもバックアップになりません。
データベース+テンプレートデータ+メディアデータをすべて落として完全なバックアップになります。

しかし、データを落とすのは時間がかかるし、毎回するのはかなり面倒です。
そこでプラグインを使って、一括でバックアップする方法を紹介します。

Dropboxの使い方

Dropbox は、あらゆる作業や作品、成果を 1 か所にまとめます。ファイルを保存して共有し、プロジェクトの作業を共同で行うことで、最も優れたアイデアに命を吹き込むことができます。1 人だけの作業にもチームワークにも適したツールです。

今やフリーランスにはなくてはならないクラウドストレージ。
1人の利用だけでなく、複数人でデータ共有する場合にも使えるし、チャットワークのようなチャット機能もついてるのでやり取りにも最適です。

今回は、このDropboxを利用してWordPressのバックアップデータを保存しようかと思います。

Dropboxの詳しい使い方は公式サイトをご覧ください。

https://navi.dropbox.jp/dropbox-use

データのバックアップでオススメなプラグインは3つ

  • 1番オススメ!UpdraftPlus WordPress Backup Pluginを使ってバックアップ

  • All-in-One WP Migrationを使ってバックアップ
  • BackWPupを使って自動バックアップ

1番オススメ!UpdraftPlus WordPress Backup Pluginを使ってバックアップ

UpdraftPlus WordPress Backup Pluginを使えば、バックアップはもちろんリストア(復元)から、データのサーバー移動すらもこのプラグイン一個で出来てしまう優れもの。海外でも一番人気のプラグインです。

特に容量制限もないですし、無料版でもかなり優秀です。

UpdraftPlus WordPress Backup Pluginの使い方

・プラグイン設定で、スケジュールを選択
・保存先のDropboxを選択。保存
・保存するとDropboxの認証ができるので認証する
・現在の状態>今すぐバックアップをクリック
にチェックを入れる

UpdraftPlus WordPress Backup Pluginの優れている点

  • ボタン一つでバックアップ&復元ができる
  • スケジュールで自動保存できる
  • Dropboxなどのクラウドストレージが使える

ボタン一つでバックアップから復元まで出来てしまう優れものです。
他の2つも問題なくバックアップできますが、容量制限やMySQLの知識が若干必要になってくるものもあります。
一様紹介してますが、これ一択でも問題ないでしょう。

All-in-One WP Migrationを使ってバックアップ

All-in-One WP Migrationを使えばデータのエクスポートからインポート、バックアップまで簡単に出来てしまうのです。
商売あがったりなので、あまり紹介したくない・・・/(^o^)\

無料版では500MBまでしか使えませんので、その場合は有料版を使う必要があります。
500MBだと1年くらい写真をあげたりしてブログ運営をしてると容量オーバーで、無料版だとエクスポート出来ないかもしれません。

こちらを推奨する理由は、簡単だからです。
データを落としてDropboxにアップする。それだけです。

All-in-One WP Migrationの使い方

  • バックアップをクリック
  • バックアップ作成をクリックする
  • エクスポート先のファイルを選択(他有料)

クリック一つでバックアップできるので、初心者でも簡単にバックアップが可能です。
ただしスケジュール機能がないので、手動で行う必要があります。
動きが軽いので、サーバー移動なんかにはお手軽で良いかと思います。

BackWPupを使って自動バックアップ

BackWPupを使えば、毎月自動的にDropBoxに直接バックアップすることが可能です。
バックアップの日にちは設定で変更可能です。ただ設定がちょっとややこしいかなと思うのでちょっと上級者向けになるかと思います。

BackWPupの使い方

  • Add New jobを選択
  • Where should your backup file be stored?のDropboxを選択
  • To:Dropboxの
    App Access to Dropbox>Get Dropbox App auth codeまたは、
    Full Access to Dropbox>Get full Dropbox auth codeでAPIを取得(ログインが必要です)
  • JSchedule>Start job>with WordPress cronを選択し、Schedulerでバックアップ頻度を設定する。

こちらのプラグインでバックアップする場合は、復元するときにMySQLでデータを復元する必要があります。
phpmyadminの使い方を知っていないと復元が出来ませんので中級者向けですかね。

詳しい使い方はバズ部がわかりやすいです。

DropBoxは有料版を使いましょう。2Gまでしか使えません。

Google Driveは無料で15GBまで利用可能なので、しばらくはこちらで良いかもしれませんが、データが多い場合は、すぐにいっぱいになってしまいます。
DropBoxの個人向けプランの有料版は1TBまでいけますし、1000円で利用可能です
(Google Driveは1300円容量無制限プランは無くなったみたいです)
※ビジネス版、チームプランではなく、個人向けプランがあります。

個人プランはこちら
他にも利用方法はあるので、有料版を使っておいて損はないかと思います。

https://db.tt/D5EcNskj
こちらのリンクからお試しで利用すると500MB(最大32GB)まで利用できますので、ぜひ一度使われてみてはいかがでしょうか。

WordPressのバックアップにDropBoxを推奨する理由

・Dropboxの機能が優秀(ほかでも使える)
・有料プランが他のクラウドストレージよりコスパが良い(容量と価格)

Dropboxの機能が優秀

DropBoxは起動している状態だとサーバーにデータがアップされ自動で保存されます。
間違えて上書きして消してしまっても30日間のバージョン管理機能がついており復元が可能です。
クラウドとローカルPC上で二重に管理することによってより確実なバックアップが可能です。
All-in-One WP Migratioの無料版だとファイルでの保存しか出来ませんが、有料のエクステンションを購入すれば直接ドロップボックスへの保存も可能です。

有料プランが他のクラウドストレージよりコスパが良い

サービス名 料金 容量
Dropbox 月払い1,200円
年払い12,000円(月1,000円)
1TB
Google Drive 月払い1200円 1TB
One Drive 月払い1,274円 1TB

どれでもいいような気はしますが、使いやすさの面や今後の容量追加(2TB)で考えると追加しやすいDropboxが一番良いように思います。
またDropboxだと容量を増やす手段があります!

Dropboxの容量を10倍に増やす方法(公式引用)

  • まだアカウントを持っていない方向け!招待リンクをクリックしてアカウント登録(500 MB アップ)
  • 「スタートアップガイド」を完了させる(250 MB アップ)
  • Mailbox でメールを管理(1 GBアップ)
  • Facebook アカウントと Dropbox のリンク(125 MBアップ)
  • Twitter アカウントと Dropbox のリンク(125 MBアップ)
  • Dropbox の Twitter アカウントをフォローする(125 MBアップ)
  • Dropbox にメッセージを送る(125 MBアップ)
  • 友人や家族、同僚に Dropbox を紹介する(1 紹介当たり500 MBアップ。最大 32 名まで紹介可能で合計 16 GB アップ)
    引用 Dropbox https://navi.dropbox.jp/dropbox-capacity#smoothplay2
ゆーへー
サイトには32GBまで増やせるとのことだったけど、20GBくらいまでなのかな。
Dropboxの紹介コードはこちらです。

お金を払ってでもバックアップはすべきです。

今回ファーストサーバー(はじめてではない)がサーバーが死んで、Zenlogicも怪しい動きをしていてます。

データは突然何の前触れもなく無くなるものです。
無くなってからでは遅いので、早めにバックアップはしておきましょう。

データが無くなってしまったのは会社のせいですが、バックアップをとっていないのは自分のせいです。
自分の身は自分で守るのが当たり前です。

クラウドストレージを使って二重管理しましょう。

関連記事

【初心者向け】機能で選ぶレンタルサーバーのすすめ。

気に入った記事であれば、ぽちっとお願いします<(_ _)>