【Illustrator】アセット書き出しの空白がない状態で素材を書き出す方法

ブログ

本日の出来事

まじで!!\(^o^)/Twitterやっててよかった!
なおやんさんありがとうございます!

先日のさらったふれた空白がどう考えてもバグだろ!っていうIllustratorのアセット書き出し機能。

Illustratorファイルのコーディングまでの手順をまとめた。

余白をトリミングした状態で書き出すことが出来るらしい!!

マスク前の画像です。花だけね。

マスクした画像をライブラリにつっこみます

ライブラリにいれた画像をアートボードにもどりします。

アートボードに配置するとお気づきでしょう。
切れてる!!

あとはアセットの書き出し!

こりゃ便利だ。

あぁあれかな。Fireworksは本当におさらばなのかもしれないな・・・。
おまけにピクセルずれがないから0.5pxのずれもない!!

また作業が効率化されてしまったな\(^o^)/

バグとかいってすいませんでした!

Adobeライブラリーは使ったほうがいいみたいだ。

今まであんまり利用してこなかったAdobeライブラリー。
AdobePhoto使ってるからちょこちょこは使うようになったけど、知らない間にこんなに便利になっていたとは・・・。
Adobe恐るべし・・・。

Illustrator9から使ってますが、CSの時の進化もすごかったけど、CCになってからは飛躍的に進化してると思う。

Photoshopも進化しすぎててやばい!!5の印象が未だに拭えないから全然使ってなかったけど、プラグインとか便利すぎだろ・・・。
こりゃ制作手順も見直す必要があるのかもしれないなと。

Adobe使うなら公式ブログは定期的にチェックしたほうが良さげ!

[blogcard url=”https://blogs.adobe.com/creativestation/”]

気に入った記事であれば、ぽちっとお願いします<(_ _)>