もし、フリーランスWebデザイナーの私がスポンサーを募集した場合

ゆーへー
スポンサーを会得したいけど、コンテンツに自信がない・・・。でも、周りはどんどんスポンサー会得してるし、頑張ってみようかな・・・と悩んでる。人からお金をもらう経験がないので自信がなく、揉めないかと心配。

先日、「ゆーへーさんスポンサー募集しないんですか?」と友人に言われた。
フォロワー数も2000を超えそろそろ広告としてもそれなりにいけるんではないか?と思ってくれたのかもしれない。

おまけに僕のフォロワーさんは、ウェブ系フリーランスやエンジニアになりたい人が多いのでそっち系の人材派遣とか会社があればめちゃマッチしてると思います。

初めての事は何をするにも不安がつきものです。
こういった不安は、フリーランスならよく経験していると思います。

スポンサー募集は初めての事ですが、もしするならこんな感じの宣伝効果があるよって事を書きたいと思います。

Webサイトのスポンサーには2つタイプがある

  • 応援タイプのスポンサー
  • 広告タイプのスポンサー

応援タイプのスポンサー

スポンサーとして個人を応援したい、頑張って欲しい。ついでに宣伝できたらラッキーという考えのスポンサー

広告タイプのスポンサー

営利目的としたスポンサー。アフェリエイトのような契約報酬になる可能性が高い。もしくは、PVが多く宣伝としてかなり強い力をもっているサイトが可能。

私の場合は、どちらかと言えば、応援組に属するのかと思います。
Twitterのフォロワー数は2000と、そこまで多くありません。
ただWeb系が多いのでそっち方面に関しては宣伝力があると思います。

スポンサーになるなら、フォロワーとスポンサーにメリットのある広告を出したい

もし、スポンサーになってくれるなら、フォロワーの方とスポンサー側にメリットのあるような宣伝がしたいと思っています。

Twitterでの宣伝だと3パターン

  • 求人広告
  • 案件依頼
  • フリーランス養成講座への誘導

1.求人広告
僕のフォロワーは勉強意識の高いWeb系の方が多いですから、特に関東圏なら広告としての役割を果たすと思います。

2.案件依頼
Web系フリーランスやライターさんのフォロワーも多いので、つぶやくことで案件に興味ある方を紹介できるかと思います。

3.フリーランス養成講座への誘導
最近フリーランス養成講座、増えてきましたよね。
isara、まるも、他にもバンコクでエンジニア留学出来るGAOGAOも興味あります。
そういったサービスへの誘導も出来るかと思います。ただ一度行ってからにしたいですね。

 

広告を貼る場所は、Twitterの固定部分、もしくは定期ツイートかなーって思います。

私のメリット

・ブログに広告を貼るメリット
ブログタイトル下は一番目につく場所。PVは2万行くか行かないかですが、ターゲットが偏っているので、効果はあると判断してます。なぜなら平日PVがやたら少ないから。

・Tiwtterに広告を貼るメリット
アナリティクス貼り付け
現在フォロワー数2000超え※月500のスピードで増えている
僕のフォロワーは地道に増やしていったので反応率が高い方かと思います。
コメントも良くきます。先ほど少し書きましたが、求人依頼や作業依頼が来ても紹介することが出来るかと思います。

なんなら僕がします!( ´∀` )

個人が広告を出すデメリット
個人的なツイートも多いので、広告効果がたまに低下する時もあります。
フォロワー数1万を超えるような方なら宣伝効果は高いですが、僕みたいな弱小では宣伝効果が低い。

もし広告枠を出すとすれば月額~千円でお試しからになるかと思います。
効果がなければスポンサーをやめて、新規ユーザーの獲得(いつものブログ更新とTwitter運用)で時期を見て再開します。

最後に一言

なんとショーへーさんがスポンサーになってくれるらしいので、そのあたりを話しつつ、もう少しスポンサーについて考えていきたいと思います。

LP会社様、養成講座運営者様よろしくどうぞ!!<(_ _)>

この記事を書いた人

Yuhei Katayama

【フロントエンドエンジニア】

2014年よりフリーランスとして活動開始、3年目。タイが好きでよく行く。人手不足を補うをもっとうに仕事しています。HTML、Wordpress、EC-CUBE、MakeShop、カラーミーショップ、楽天のカスタマイズ経験あり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

赤ヒツジ先生~コーディングチェック~

このサービスは、コーディングのHTMLチェックではなく、デザイン通りにコーディングできているかをチェックするサービスです。