【初心者向け】機能で選ぶレンタルサーバーのすすめ。

おなやみ君
サーバーが多すぎてどれを選んで良いかわからない。
外注先に契約内容まで見せたくない

サーバーなんてなんか難しそうで、どうするんだろう?って思う人は多いと思います。
自分で契約する前までは、僕自身そうでした。

こんにちは。ゆーへーです。
突然ですが、サーバーってどうやって選んでますか?
ぼくは、クライアントがサーバー選びで悩んでいる時は、「エックスサーバーが良いよ」と言うんですが、理由は5つあります。

  • 値段が安い(1200円~)
  • 簡単インストール(WordPress、EC-CUBEなど有名なものがある)
  • FTPのアカウント追加できる
  • 管理画面が使いやすい。
  • サポートが早い

他にも同等の機能があるサーバーを紹介します。
結論から言えば、エックスサーバー ヘテムル MixHostのどれかを選べばなんでも良いと思います。
ちなみにぼくはエックスサーバーを使ってます。

他にも機能たくさんあるんですが、ホームページ使うくらいならそんなに必要ないので、関係してるところだけ紹介していこうと思います<(_ _)>

もうサーバー選びで悩む必要はありません

サーバーって多すぎて悩みますよね。
何もわからない時、ぼくもいろいろとサーバー契約しました。

ロリポップ、お名前サーバー、さくらサーバー、フレンドサーバー(海外)。

いろいろ契約して選んだ結果、選ぶ基準を3つ決めました。

  • 管理画面が使いやすい
  • WordPressのインストールも簡単
  • FTPのアカウントが追加できる

この3つが出来るところなら、まぁどこでも良い。
クライアントにも提案出来るし、FTPアカウントが追加できると外注の時も便利ですよね。

それはサーバーを紹介していきます。
よくわからん機能は紹介しません。専門用語とは簡単に補足します。

運用サイト140万件突破!エックスサーバー【月額900円~】

エックスサーバー、一番よく使ってます。
管理画面の見やすさはもちろんですが、サポートの速さも定評があります。
HTTP/2(HTTPの新しいやつ!早くなる)に対応したのもかなり早かったです。

HTTP/2は、HTTPの時は一個一個データを読み込んでたんですけど、HTTP/2になると同時に読み込むので表示が早くなるんだ!もっと簡単に言うと

ゆーへー

HTTP/2はサイトが早くなる!

※技術者がみたら、説明がちがうかもしれないが、そんなこと言ってもわからんので、早くなるでOK

エックスサーバーの特徴

  • アクセスが集中してもページ表示速度が拘束
  • WordPressの他にもEC-CUBEや有名CMSが簡単インストール出来る。
  • 外注用にアクセス制限や、FTPのアカウントを発行出来る。
  • 無料のSSLもある
  • 転送量課金なし!

X10スタンダードプランの料金

契約期間 初期費用 ご利用料金 合計
3ヶ月 3,000円 1,200円×3ヶ月 6,600円(税込7,128円)
6ヶ月 3,000円 1,100円×6ヶ月 9,600円(税込10,368円)
12ヶ月 3,000円 1,000円×12ヶ月 15,000円(税込16,200円)
24ヶ月 3,000円 950円×24ヶ月 25,800円(税込27,864円)
36ヶ月 3,000円 900円×36ヶ月 35,400円(税込38,232円)

ホームページ、ブログ運用するなら、3年契約がオススメ。単純に安いから。
一括がきつい場合は、カードの方で分割払いにすればいいかと思います。
3年って結構すぐなんですよね( 一一)

契約ポイント:キャンペーンで、ドメイン費用一生無料とかやってるのでその時に、契約すると良い

ドメイン費用はだいたい1500~4000円くらいなんですが、お名前.comとかだと1円とか安くなってたりする。
ただ、2年目以降は結構高かったりするので、要注意。

エックスサーバーでもドメインとれるんで、エックスサーバー使うならここで取得しても良いと思います。

個人的に一番オススメなサーバー→エックスサーバー

カラーミーショップがちょっと使えるヘテムルサーバー【月額800円~】

GMOが運用しているサーバー。前の会社で使ってました。
ロリポップの上位版って感じですが、管理画面は全然違います。

ヘテムルの特徴

  • WordPressの他にもEC-CUBEや有名CMSが簡単インストール出来る。
  • 外注用にアクセス制限や、FTPのアカウントを発行出来る。
  • セキュリティレベルの高い無料のSSLがある
  • データベースが70まで作れる(エックスサーバーはX10プラン50個まで)
  • フェイスブックの予約投稿ツール
  • 安い

ヘテムルの料金(ベーシックプラン)

3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
初期費用 2,000円
月額 1,100円 1,000円 900円 850円 800円
初回お支払い金額 5,300円
(税込 5,724円)
8,000円
(税込 8,640円)
12,800円
(税込 13,824円)
22,400円
(税込 24,192円)
30,800円
(税込 33,264円)
更新時お支払金額 3,300円
(税込 3,564円)
6,000円
(税込 6,480円)
10,800円
(税込 11,664円)
20,400円
(税込 22,032円)
28,800円
(税込 31,104円)

こちら会社がGMOなので、カラーミーショップのサービスが少し使えます。
ネットショップ開く人にオススメ。おためしでカラーミーが触れます。
ロリポップでも触れたと思います。

キャンペーンはあまりみないので、いつ契約しても同じです。

大手なので何かあっても安心なサーバーヘテムル

18禁サイトOK!初期費用無料mixhost【3年契約で月額880円~】

2年前からだったかな?結構あたらしくできたサーバー。
上の二つとの1番の違いはやっぱりアダルトサイトでもOKってところだろうか。
実は日本には、アダルトOKなサーバーは少ない。おまけに高い・・・。

mixhostの特徴

  • アダルトサイトOK
  • WordPressが高速
  • CMS(WordPressなど)が数100種類簡易インストール出来る。
  • セキュリティレベルの高いのSSLが無料で発行
  • データベースが無限に作れる
  • 初期費用なし

mixhostはほかの2つとは違って、管理画面が見慣れないものです。
cPanelっていうんですが、世界的には有名なんですが、日本のサーバーでは珍しいかも。
日本のサーバーってサーバー会社独自の管理パネルが多いので、一般的なcPanelってのは若干なれるまで時間かかるかも。
とはいえシェアから考えると、初心者でもとっつきやすい設計のはず。

イメージはこんな感じ

mixhostのスタンダードプランの料金

3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月
初期費用 無料
月額 1,380円 1,180円 980円 930円 880円

初期費用もないし、性能も悪くないのでこちらもオススメ
アダルトとか運用するならmixhostが良いんだろう。
出会い系とか、それに関連するブログも他のサーバーではダメってところが多い。
ちなみにぼくは過去アダルトサイト作ろうと思って辞めた・・・。

理由は、エロがエロじゃなくなったからだ!

エロじゃなくてもかなりの高性能サーバー MixHost

失敗しないサーバーの選び方まとめ

  • 無料期間中に触ってみる。
  • 管理画面が使いやすい(まずは無料期間中にログインしてみる)
  • WordPressの簡易インストールがある(データベースの設定は難しい)
  • サポートがしっかりしてる。(よくある質問などしっかり書いてある)

お名前サーバーも900円と安い価格帯ですが、アップロードがくっそおそかったので速攻契約切りました。
あとデータベース管理ツールも入ってなかったので自分で入れる必要があります。
お名前.comでドメインをとってその流れで、サーバー契約ってのがよくあるんですが、初心者にはちょっとハードル高いサーバーかと思います。

この記事を書いた人

Yuhei Katayama

【フロントエンドエンジニア】

2014年よりフリーランスとして活動開始、3年目。タイが好きでよく行く。人手不足を補うをもっとうに仕事しています。HTML、Wordpress、EC-CUBE、MakeShop、カラーミーショップ、楽天のカスタマイズ経験あり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

赤ヒツジ先生~コーディングチェック~

このサービスは、コーディングのHTMLチェックではなく、デザイン通りにコーディングできているかをチェックするサービスです。