固定ページを使って簡単にWordPressをカスタマイズする方法

ブログ 制作手順マニュアル

こまりん坊
WordPressのカスタマイズをしたいけど、どうやってすればいいのかわからない。
誰かにお願いすると簡単そうな事でも3万はかかってしまう。

こんにちは。ゆーへーです。

WordPress歴はや8年ほどですが、自分でオリジナルテンプレートを作る以外の方法をとった事がほとんどありません。ほぼ自作テンプレートです。

なので逆に人のテンプレートを触って欲しいとかはちょっと苦手です。
例えば、ここ最近話題のテンプレート「JIN」、「TCD」のテンプレートもかなり触りにくかった気がします。

今から紹介する方法なら、WordPressの基本的な作り方をしているテンプレートであれば、使える方法です。出来ない特殊なテンプレートもあります。

<この記事を見て出来る事>

  • 特定の場所に共通アイテムを設置できる
  • ブラウザで編集が出来る
  • 固定ページ単位でオリジナルテンプレートを作れる

では、解説していきます。サンプルコードも用意してます。

WordPressのカスタマイズは難しい

自分で触りたいけど、よくわからない。
ちょっと触ってしまって画面が真っ白になったことあって怖くて触れない。

WordPressのカスタマイズって難しい・・・。
PHPの知識がいるし、ちょっと余計なコード書いたらエラーが出て真っ白になったり、そんなことが一度でもあったらトラウマで触るのが怖くなります。

それで、業者かフリーランスの方に依頼しようと思ったけど、3万~5万。
もっとかかる場合もある。自分で作ると値段以上にかかってしまうから高いとは思わないけど、やっぱり高い・・・。できるなら自分で自由に作れるようになりたい。

例えば、アフェリエイト用のランキング設定を作ったりするのは、初心者には難しいです。プラグイン使えば簡単ですけど、PHPがわからない人にはちょっと難易度が高いように思います。

そこで提案したいのが、固定ページを使う方法です。

固定ページを使ってオリジナルテンプレートを作る

固定ページを使う方法は2つ

  • 共通箇所に固定ページを使う
  • オリジナルテンプレートをページ単位で作る

共通箇所に固定ページを使う方法

固定ページをページとして使うのではなく、共通パーツとして使う方法です。

コードはこちら

スラッグ名をいれてthe_content();で中身を呼び出すだけです。
カスタムフィールドを使えばもっと自由に簡単にカスタマイズ出来ますね。

例1ヘッダー画像の切り替えをしたい場合
サンプルでは、slickを使います。

1.header.phpに固定ページのコードを貼り付けます。
2.固定ページにslickのコードを書きます。

カスタムフィールドのリピーターフィールドを使ったコードはこちら

これだけ!
ホームページだけに使いたい場合は、if文でis_homeを入れておきます。

例2投稿ページに共通の広告をいれたい

1.single.phpのthe_contentの下に固定ページのコードを貼り付けます。
2.固定ページに好きなコードを書きます。

わかってきたでしょうか。
これだけで、カスタマイズの幅が大きく広がりませんか?
サイドバーにもちろん使えます。

<?php wp_reset_query(); // おまじない ?>

他に影響する可能性がありますので、こちらのおまじないコードも忘れずに書きましょう。

カスタムフィールドの使い方はコトリブログさんが一番わかりやすくて詳しいです。
勉強したい方はコトリブログさんが良いですね。

オリジナルテンプレートをページ単位で作る

WordPressはpage-の後にスラッグ名を入れると特定の固定ページをテンプレートから編集することができるようになります。

※他のテンプレートには影響されません。

この方法もよく使うんですが、ページ単位でデザインが変わったり、カスタムフィールドがページ単位で違ったりする時に使います。

page-{slug}.php

{}のカッコ部分は必要ありません。

オリジナルテンプレートを作るのは難しくない

固定ページを使う方法なら、ぐっとハードルが下がったかと思います。
この方法は仕事でもよく使います。

クライアント側が自由に編集したいっていう要望にもこたえれますね。
固定ページだけだとちょっと物足りない方は、やはりカスタムフィールドの使い方を覚えましょう。

固定ページを使う方法+カスタムフィールド

これだけで、ほぼ対応可能です。
Adovanced custom field proならオプションページを作る事も出来ますので、アフェリエイト用のランキングカスタマイズとかも作れます。

▼こちらの記事もご参考にどうぞ。

他は不要。WordPressのカスタマイズに必要なプラグインはこれだけ

有料テンプレートを買って編集するなんてことも不要ですね。

固定ページを特定の場所に呼び出すことによって、ヘッダー画像の入れ替えも簡単に出来るし、フッターやヘッダーなどの共通箇所の編集がブラウザ側でできる。

固定ページを使ってWordPressをカスタマイズする方法は簡単

  • 共通箇所で使う固定ページを用意する
  • 貼り付けたい場所にコードを貼り付ける
  • データの編集は固定ページから行う

仕事でもよく使う方法でして、この方法を使えばクライアント側でも修正が出来ますし、なんでも触りたい人にも最適です。
PHPもif文くらいわかればOKですし、もっとも簡単なカスタマイズ方法なのではないでしょうか。

気に入った記事であれば、ぽちっとお願いします<(_ _)>