素材書き出し~コーディング~本番アップまで手順【WordPressの場合】

基本はこの流れ。詳しくあとで書きます<(_ _)>

  • 1.素材書き出し
    • 1.余白を自動処理で変更
    • 2.拡張子を自動処理で変更
    • 3.サイズを自動処理で変更
    • 4.ファイル名変更
    • 5.フォルダ分け
  • 2.WordPressの設定
    • 1.ページ追加
    • 2.メニュー追加
    • 3.カスタム投稿追加
    • 4.カスタムフィールド追加
  • 3.コーディング開始
    • 1.共通箇所のHTMLを入力
    • 2.共通箇所のCSSを入力
    • 3.トップページのHTMLを入力
    • 4.トップページのCSSを入力
    • 5.下層ページ(固定ページ)のHTMLを入力
    • 6.下層ページのCSSを入力
    • 7.カテゴリーページの調整
    • 8.シングルページの調整
    • 9.タクソノミーがあれば調整
    • 10.サーチページの調整
    • 11.404ページの調整
    •  12.スマホ、レスポンシブの調整
      • 1.全ページスマホ最適化
  • 4.本番にアップ
    • 1.データをインポート(プラグインでアップロード可能)
      • 1.FTPでテンプレートデータ、画像データをアップロード
      • 2.srdbでDB情報をアップロード
      • 3.パーマリンクを更新(念のため)
    • 2.全ページ確認
      • 1.PCの確認(chrome、Firefox、Safari、IE11、IE edge)
      • 2.スマホで実機確認(iPhone、Android)

この記事を書いた人

Yuhei Katayama

【フロントエンドエンジニア】

2014年よりフリーランスとして活動開始、3年目。タイが好きでよく行く。人手不足を補うをもっとうに仕事しています。HTML、Wordpress、EC-CUBE、MakeShop、カラーミーショップ、楽天のカスタマイズ経験あり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

赤ヒツジ先生~コーディングチェック~

このサービスは、コーディングのHTMLチェックではなく、デザイン通りにコーディングできているかをチェックするサービスです。