適当じゃダメ!ホームページの中身について考える。


最後に、よく使うWEBデザインギャラリーまとめてます。

普段、PDF1枚でこんな感じの仕様です。
はい、よろしく案件が多いので、まずい!と思いつつもやるしかないっていうまま、もう7年くらい経ちました。

最初、当然打ち合わせするんですが、案外自分の会社なのにわかってない人が多いので、
こちらから予めリサーチしておいて、こういうのどうですか?の提案をするとスムーズに進みます。

とはいえ、なんの知識もないボクがホームページの中身を作る。やばくない??
しかし、作らねばならぬ。その制作するまでの手順を語ります・・・・・
自社サイトを自分で作る人にも使えるはず・・・

ホームページの中身(コンテンツ)を決めるために。

  • サイトマップを作る
  • 文字を起こす
  • デザインを決める

大まかに言えば、こんな感じ。
デザインと文字は逆になったりもするかな。

サイトマップを作る

最初にサイトの構成を決めます。
業種によってさまざまですが、地元だと会社・飲食・サービス系こんなところが多い。

自分のホームページには、どんなページが必要か考える。

何が必要が考えるには、なぜホームページが必要かを考えることでわかってきます。
とはいえ、すでに参考になるサイトは山の方にあるので、そこからアイディアをもらいましょう。

というわけで、同業種のサイトをチェックする!

最初から一から考えてたら時間がもったいない。
とりあえず、いち早く公開することが大事です。
やってもないことは改善しようがありません。

  • 新着情報
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • 社長(代表)あいさつ
  • 施工事例
  • ブログ
  • メニュー(出来る事)

などなど。
大きい会社なら、もっと細分化していってスタッフ紹介もただスタッフを並べるだけでなく、インタビューページ作ったりとかします

ページを作るには理由がある

当然ですが、必要じゃないページはいりません。ユーザーにとってそれは有害であって、有益ではありません。

例えばインタビューページを作る会社側の理由は、うちの会社良い会社だよアピールです。
求職者にとってその会社が良い会社かどうか判断するには、情報があまりにも少ない。

給料・待遇ほんとに正しい情報なの?

とはいえ、会社側がだすインタビューページですからまぁ信用度があるかっていえばないように思いますが、少なくともないよりはいい!!

アクセスページなぜ必要なのでしょうか?
いうまでもありませんが、来てほしいからです。GoogleMapぺたっと張っただけでわかるならいいですが、わからないならユーザーに伝えないと行けません。
写真付きで道案内するのもありです。ここで重要なのは、ユーザーが使いやすいかどうかです。

というわけで、ページの内容を作るには理由を考えるのが早い。

文字を起こす

文字を起こすのとか無理です。マジでよく言われます。

無理ですか?小学生でも本読んだ感想文くらい書けますよ。
無理なはずがない。もし無理なら、会話すらできないと思いますし、自分の仕事すら話せない。

さきほど、ページを作る理由を考えました。
そこで、文字を起こす前にキーワードの選定を行います。
文字起こすのヒントさえあれば、比較的簡単にテキストを起こすことができます。

キーワードを決めるのは簡単?

簡単。しかし、難しい・・・・
多くのユーザーはなぜ検索するのか?ってところを考えるとおのずと見えてきます。

例えば、観光をする際まず何を決めるでしょうか?

  • 温泉いきたいなぁ。じゃぁどこの温泉に行く?
  • おいしいものが食べたい!何食べる?
  • 買い物がしたい。どこで買おう。

他にもいろいろあるでしょうが、これらの共通点は、場所です。

地域名+宿泊
地域名+観光
地域名+買い物

といった感じで、キーワードが決まっていきます。
さらに、料金・駐車場・アクセスあたりでしょうか。

宿+料金
宿+予約
宿+温泉
宿+アクセス

といった感じで、キーワードを選定していきます。

いよいよ文章を書いていきます。
文章の書き方。いろいろありますが、注意してほしいことがあります。

  • 難しい日本語使ってませんか?

それ読めませんし、意味もすぐぱっと入ってこないし、そもそも検索しません。

というわけで、簡単でわかりやすい言葉を使いましょう。
文章は、キーワードにそって書いていきます。

タイトル:○○宿の温泉の効能
・効能についての文章
・お客様の意見
・雰囲気、感想など。

パクリのはダメですが、競合サイトを参考にするのもありかと思います。
どうしてもむり!!!って方は、ほかの人に書いてもらいましょう。
プロのライターさんにお願いするのも良いかと思います。

オリジナルコンテンツの必要性

他社との違いはなんでしょうか。かならずほかの会社とは違うアピールポイントがあると思います。

ない会社とかあるの?まぁだいたい同業種なら同じようなことしてると思いますが、
自社の強みがない会社は、価格とかで勝負したりするので、すぐ消えていくようなそんな印象。

自社独自のサービスはどんどん押していきましょう。
ここでも重要ですが、自社サービスを選定されたキーワードを結びつける。

デザインを起こす

よくありますが、とりあえずなんか適当にデザイン起こしといて。って人。
なんかってなに。

なんでもいいならテキストだけでいいだろ。

とデザイナーは思ってます。が、いちようそれなりのものを作ります。

  • 競合サイトをみて色の雰囲気を見る
  • デザインの参考サイトを探す

たぶんこの二つでほどそれなりのものが作れます。
新しいものをつくる?ひつようですかそれ!(初心者にはきびしい・・)

プロならともかく、新しいものを作るのには労力と体力と根性が必要です。
そして、それが評価されるかはまた別の話・・・・

パクリってタブーのようにニュースでも言われてますが、

ピカソの作品みたことありますか?

あの方、パクリまくってますけど!!!
いんです。パクッても。オリンピックのマークはさすがにあれですが。
ウェブサイトはどこも似たような感じです。

デザインで重要視されるべきは

  • 使いやすさ
  • 見やすさ

かっこよさは次くらいで良い。
とりえあずそれなりに見えて、運用問題なければ全然問題ないわけです。

ここでも言いますが、はやくページを公開しろ!!

まとめ

良いものをどんどん盗む。

気楽に考える事が大事。案外なんとかなります。

デザインの参考に

結構昔からある、WEBデザインのギャラリーサイト。今はあんま使ってないですが、情報は多いです

縦長のかっこいいサイトが多い。こちらをまねるのは難易度高めですかねぇ。

最近はここもよく見ます。かっこいいサイトおおし

LP(ランディングページ)作るときによくここのページを見てました。なかなか良いです。

特定の部分だけを集めたパーツデザインサイト。ヘッダーとか

デザインの参考にどうぞ。

ロリポップ!レンタルサーバー

この記事を書いた人

Yuhei Katayama

【フロントエンドエンジニア】

2014年よりフリーランスとして活動開始、3年目。タイが好きでよく行く。人手不足を補うをもっとうに仕事しています。HTML、Wordpress、EC-CUBE、MakeShop、カラーミーショップ、楽天のカスタマイズ経験あり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

赤ヒツジ先生~コーディングチェック~

このサービスは、コーディングのHTMLチェックではなく、デザイン通りにコーディングできているかをチェックするサービスです。