フリーランスの僕がオンラインサロンをテスト運用して見てわかった事

こんいちは。ゆーへーです。

先日、iSaraのショーへーさんと上谷くん、僕の3人で雑談サロンを始めてみようという話になった。
きっかけは単純は話で、普段の何気ない会話が有益すぎたので、「あれ?これって売れんじゃね」と思ったからです。

最近、サロンブーム来てるし、ブームにのっかるのも悪くないかなと思って、、
やってみて初めて分かった事が2つあります。

「与えるだけのサロンは意味がない」
「共通の目標、もしくは意識が必要」

この記事では、始めたきっかけや、運用してみてわかった事を書いていこうと思います。
問題点なども書いてますが、個人的にはいろいろわかったし、考えれたので良かったと思ってます。

今回のテスト運用は、失敗ではない。それだけは言える。

オンラインサロンを始めたきっかけ

サロンをやろうと思ったきっかけは、ほんとノリで面白そうだからやってみようって感じでした。

ただ最初はWebメディアでもいんじゃないか?って話もあった。
僕はそっちでもよかったけど、雑談をメディアってたぶん続かないだろうなと思って辞めた。

あと、単純にサイト作るのもめんどくさかった。

メディアだとマネタイズも難しいし、そこまで時間をかけたくない。
なら有料のオンラインサロンでいんじゃないか?という感じです。

でも有料っていくらにする?
というわけで、値段設定の前のニーズ調査と運用調査のためにテストでオンラインサロンを作る事になった。

オンラインサロンを運用して見えて来たもの

まず初めに、オンラインサロンを始めるにあたってテーマが必要。

テーマを考えたと言ってもノリで始めたもんなので、割とすぐに決まった。
グループチャットやリアルでも口癖である「たしかに」という言葉がテーマ。

ポジティブな言葉だし、肯定されるとモチベーションもあがるし、良いテーマだと思う。

ただ少し気になる事があった。

「ポジティブは疲れる」

僕たちの普段の会話は、ほとんど否定がない。
基本、肯定している。そういう時はまったく疲れない。

「どっちでもいいよ。好きにしたらいいよ」
という意味もあるし、「良いアイディアじゃん。やってみなよ」という意見もあるだろう。

これらは、どっちでも同じ事。
とりあえずやったら良いという考えが、僕の周りの友人たちに共通することだと思います。

ただ世間では、否定はつきもの。
否定されると、とても疲れるのです。モチベーションも下がる。

まず一番に「めんどくさい」、二番目は「意味がない」と来るだろう。

オンラインサロンは様々な人が集まる。
普段のクローズドな関係とは違うので、当然否定もある。

僕はオンラインサロンでは、否定はすべきではないと思う。
するなら、こっちはどう?と提案が良いだろう。

幸いにも否定的な意見はなかったけど。。。
まぁそこまで何もしてないから、否定的な意見が出なかったというのもあるかも。

運用から見えてきた他の問題点

1日目やってみただけで、いくつかの問題が出てきた。

  • 返信が忙しくて、仕事が出来ない。
  • ネタがつきるとTLが止まる
  • 教えるだけにメリットが弱い
  • アドバイスは良くない

返信が忙しくて、仕事が出来ない。

僕たち3人は、フリーランスで普段もそれなりに忙しい。
それがサロン運用のために、時間を1時間使うと決めたのでその間はほとんど仕事が出来ない。

おまけに雑談サロンなのに、テーマ決めて話してしまった。
なのでこのやり方は、1日目で辞めた。

ネタがつきるとTLが止まる

このサロンは、3人の雑談がメインになる。
なので、ネタがきれればそれでおしまい。

教えるだけにメリットが弱い

雑談の中で質問があれば返事しますという事をやってみたんだけど、与えるだけの関係って良くないんですよね。
WIN-WINな関係じゃないから。得るものがないと関係は成り立たないと思った。
何か教えるだけなら、個人メッセでも十分だった・・・。

アドバイスは良くない

そもそもの話だけど、アドバイスするようなサロンじゃなかったので、アドバイスが的確でない時もあるし、正解なんてそもそもない。
それで気を悪くする人もいただろう。

良いオンラインサロンって何?

僕は、ジャックさんの伸びしろサロンに入ってます。
他のサロンの事はしらないけど、伸びしろサロンはとても良いサロンだと思う。

理由は、ポジティブな人が多いからだ。

上でポジティブは疲れると言ってるんだけど、ネガティブが入るとポジティブは疲れるんだ。
なければ疲れない。

サロンメンバーが、誰かに教わろう!という意思があまりない気がする。
どちらかと言えば、あの人の良いところパクりますよ!
問題あれば出来るだけ自分で解決します!

フリーランスなら当たり前のことなんだけど、これだけメンバーがいて今の状況になっているのは単純にすごいと思った。
あとジャックさんの返信が早すぎて、ご飯いつ食べてるんだろうと思う。

今後の方針

テスト運用が終わり、感想が頂けた。
良かったという意見も多かったのだけど、サロンはこうあるべきではないなと思った。

これならブログやってるのと変わらないし、なんなら個別のチャットでも済むことだった。
値段設定に関してもわかったことがある。

僕は時給5000円くらいで働いてます。今の年収なら今年は8000円くらいになるだろう。
それが3人もいる。んで毎日1時間話す。相談する。

これだけで何かを提供するサロンは商売として成り立ってない事がわかった。

次やるなら、以上の反省点を踏まえてやっていきたいと思う。

  • WinWInな関係である事
  • 誰かに教わる場所にしない事
  • 無料にしない事(有料なおかつ、値段以上に意味がある事)

やはり何事もやってみないとわからない事が多いな。
それだけわかっただけでも今回のサロンは良かったと思う。

ご協力感謝です<(_ _)>

この記事を書いた人

Yuhei Katayama

【フロントエンドエンジニア】

2014年よりフリーランスとして活動開始、3年目。タイが好きでよく行く。人手不足を補うをもっとうに仕事しています。HTML、Wordpress、EC-CUBE、MakeShop、カラーミーショップ、楽天のカスタマイズ経験あり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

赤ヒツジ先生~コーディングチェック~

このサービスは、コーディングのHTMLチェックではなく、デザイン通りにコーディングできているかをチェックするサービスです。