年収200万だった自分が、フリーランスになってアウディを買うまでにやるべき事

先日、攻めてるライターの名もさんがこんな記事を書いた。

マセラティを初めて知ったのですがカッコイイ!!そしてたかい(´Д⊂ヽ
この記事の本質は「落ち着くな。走り続けろ!止まったら死ぬぞ」みたいな事。たぶん。

面白いやつが面白い記事を書く。

ライターにはこういう生き方も仕事の一つなのだと思う。
生涯をかけた職業。職人って感じでカッコイイ(・ิω・ิ)

そんな名もさんに影響されたわけではないのだけど、僕にも乗りたい車があった。

それがこれだ。

引用元:アウディジャパン

アウディR8 カッコェェェェ\(^o^)/

しかしアウディR8は、2000万クラスの車だ。全然買えない・・・。

4年前、フリーランスになる前の年収は約230万ほど。 ご存知デザイン業界の給料は激安なのだ。特にデザイナーは安い。
フリーになって早4年。ついに年収1000万越えそうな予感がする。

というわけでどうやったら買えるのが考えないといけない。
もちろん一括払いだ。

第一目標はとりあえず1千万に設定してます。
設定したのは2年前。

先日書いた記事に収益を載せてますが、良い感じに増えていっていると思います。

売上公開中!独立三年目にやったこと【売上630万】
売上公開中!独立二年目にやったこと【売上440万】
売上公開中!独立一年目にやったこと【売上350万】

そのかいあってか、今年はとうとう目標額にかなり近い金額になりそうだ。
アウディにはまだ遠いけど。

時間は有限、アウディは自然に手に入らない

僕は、死ぬかもしれない病気に過去2回かかりました。
そのせいか、時間に関してはシビアに考えています。
時間は有限、長い目でなんておっとりまってられません。

ちんたらしてたらいつまで経ってもアウディに乗れません。

もし、今の会社がやりにくくて自分のためにならない。
ずっとじゃなくてもいい、1年ここにいても何も未来が想像できないならすぐに辞めても何ら問題ないと思っています。

Twitterを見ていると、「うちの会社ダメだ」とか見ます。

自分に合わないなら、辞めても良い。
あなたのための会社じゃないって事です。

2カ月くらい働いてみて、なんかダメそうだなって思ったなら1年後も同じだと思う。
半年間みっちりプログラムの勉強やアフェリエイトの勉強してた方がまだアウディに近づける。

時間は有限、未来に投資するべき。

ぼくは会社が嫌なわけではなかったけど、止まってると感じたので辞めました。

自分がしてこなかったことをすれば良い

実は、ぼくは超がつくほどの人見知りでした。
あがり症でもある。今もだけど。

そんな僕がフリーランスになってからやってきた事。

人と会う事だ。

いろんな人に会うことでいろいろ変わった。
自分がしてこなかったことだったから、どんどん吸収していったと思う。

・人気者がどういった対応をしているのか。
・あいづちは何と言えばいいのか。

わからないことだらけだった自分にとってこれほど勉強になることはなかった。
人からすればたいしたことないのかもしれないが、自分にとって足りないものがあるのなら、持ってる人に近づいてマネをすればいい
そうすることで少なくとも今の自分より一歩先が見えるような気がします。

先過ぎる未来の事は考えなくても良い

僕には先の事がわかるような知識も経験もないから、2年後?5年後?10年後?さっぱりです。
だから、ざっくり決めます。

  • 今年、コンドミニアムを買う
  • 2年後、アウディA7を買う。
  • 5年後、ゲストハウスを始める
  • 10年後、アウディR8を買う。

よしこれで!今決めた!くらいざっくりで良い。

計画を立てるなら、1カ月単位でやる事リストを作成して、クリアしていけばいいと思います。
大きな目標ってのは結果であって、そこに向かってやる事ってよりはやることやってたらそこに来ましたくらいで良いと思う。

ぼくはフリーランスになって年収1千万になる!なんてこれぽっちも思ってませんでしたが、プログラムを覚えるとか、新しい事を始める。人との交流を増やすなど、小さな目標を立てた結果。良い成果を収めることが出来ました。

大事なのは少し先の未来

さいごに。

アウディを買うって事にしましたが、本当は何でも良い。
家だって良いのです。

名もさんの記事を読んで雲の上の人の話みたいな事を感じたのなら、たぶんあなたは来年も同じ事をやってるだろう。

何もしない人は、何も変わらない。

高校時代もそうだったし、専門学校も、フリーになるまでずっとそうだったからわかりません。
またえらそうにいっちゃって恥ずかしい・・・(/ω\)

赤ヒツジ先生~コーディングチェック~

このサービスは、コーディングのHTMLチェックではなく、デザイン通りにコーディングできているかをチェックするサービスです。