3年目のフリーランスが、営業しなくても仕事が来る理由を考えてみた。

フリーランスの営業方法 フリーランスの心得 ブログ

んーこんなタイトルつけると何をえらそうにとか思われそうですが、フリーランスになってから3年ほどたちますが、営業したことがありません。

それでも仕事は月に何件かあったし、毎年1.4倍くらい売り上げも伸びてます。

まぁでもこれって単純な理由で、ボクの代わりに別の人・会社が営業してたっていう事なんですけど、なぜそれで仕事が途切れず来るようになったのかを語ろうかと思います。

そもそも営業ってどうするんだろ?

仕事が定期的にもらえるのは、安定した技術のほかに必要な事がある。

順番はあれですが、一番伝えたい事だったので最初に書きます。
1年目からこれだけは念頭において仕事をしようと考えていました。

いつでも仕事ができる状態を保つ。

この業界は今人手不足なので、仕事はたくさんあります。
その中で、いつでもOKって言ってくれる人は、かなり重宝されます。
それに加え難しい案件でもサクッとこなしてくれる人はさらに最高です。

そういう人のところには無限に仕事が来るんですが、案件によっては断る事も必要です。

信用を得ることが仕事が途切れずにくる状態にもっとも必要な事。
困った時に、助けてくれる人は信用度高いです。

どこでも仕事ができるフリーランスになるために

いつでも仕事が出来るってことはどこでも仕事が出来る環境が必要です。

これは納期とかにも関係してきますが、明日までにお願いしたい。けど、あれ今旅行中で無理なんですけど・・・・

てなことを防ぐためには、常にパソコン持ち歩くしかありません。
フリーランスには、仕事とプライベートの境目があやふやです。

わけてする人もいれば常に仕事をしてる人もいます。人それぞれですが、好まれるのはいつでもどこでも仕事してくれる人でしょう。

ノートパソコン買いましょう。Macじゃなくてもいいですが、カフェとかいくとみんなMacしか持ってません。にいくいぃいいい

やばい・・ただの社畜!\( ^ω^ )/

信用を得たいならまずは自分から差し出せ。

たしか堀江 貴文さんの本にもそういう事が書いてあった。

漫画だし、読みやすいから読んでみて

仕事を辞める前、フリーランスになるんだし、なんか準備とかあるだろう!と思って一週間くらい休もうかと思っていましたが、止められました。
よくいう有給使えない状態です。

多くの人はこれを良しとしないでしょう。

なぜなら、それは当然の権利でもあるし、もうここで働く意味がない!みたいなことを思うから。
それに辞めってことで、会社によっては人当りも変わるかもしれない。

先輩にこっそり言われましたけど、仕事を辞めても、仕事だすかもしれないし、そんな一週間も休んで、人手がたらないことも知ってて、それで仕事がくると思うか?どう思われると思う?

ごもっともだった。

これも賛否ありそうですが、技術だけでやっていくって簡単ではありません。
技術だけあってもなぁっていう考えの人はかなり多いです。

そもそも仕事をもらうってどういう事かを考えれば、ここで関係を悪くするのは良い判断とは言えません。

信用を得たいなら、まず自分が出せるカードを出しまくる!

ボクは自分の時間という対価を支払ったということになります。こういうの言ったらだめかもしれませんが・・・

ちなみに辞めてすぐ準備することは特になにもありません。
パソコン一つで仕事が出来る。それがウェブデザイナーです。

安定して収入が得られるのはなぜなのか?

当然の話ですが、一社だけの取引だと仕事に波があります。

なので、ここで営業を・・・っていう事に普通はなるんですが、してません。というか営業ってどうするかもわかりません。
最初の一年目は、前の会社にお世話になりつつ、暇つぶしでやっていたクラウドソーシングからの仕事でなんとかやっていましたが、二年目。

定期的な仕事もあったものの、これだとまずいと思ってました。

仕事を増やすためにやったこと

とあるセミナーに参加してみました。

初めて参加したセミナーはフェイスブックの使い方だったと思います。
意外にも同業者もいてビビりましたが、良い出会いがありました。

その時は、特になにもなかったんですが、一か月後くらいにその方から連絡がきて、別の会社を紹介してもらえることになりました。

この出会いは偶然かもしれませんが、こういうセミナーにでて人とつながる事はチャンスが広がるという事です。
フリーランスで仕事するって方のほとんどは家で作業してますし、喫茶店でも同じですが、当然一人なので仕事のつながりは増えません。

1年2年でホームページからお問い合わせが来るなんて、よっぽどです。いるにはいると思いますが、実績のない人へのホームページの依頼はほぼないでしょう。
元請けならともかく、下請けでは実績を公開することがほとんどできませんし・・・

なので、こういうセミナーに出るのはかなりオススメ。逆に技術者向けのセミナーとかでもいいと思います。
こないだのWordcampもそうですが、こういうところに出る人たちは、意識が高いです。意識高い人は仕事が出来る人が多い!

仕事が出来る人は、常に忙しい。人が欲しい=仕事がもらえるかもしれない。

まぁそれ目的で来るのはどうかと思いますが、同業者との横のつながりを持つのは良い事です。
困った時、助けてくれるのは同業者だけですから。

まとめ

だらだらと書いてしまった・・・

いつ依頼してもOKと言い、技術もある。納期遅れない。

仕事が途切れない事につながることかなーと思います。

仕事の依頼きたけど、二回目ないな・・・って人、これだけ守ってればずっとやっていけます!

技術がないなら身につけよう!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

気に入った記事であれば、ぽちっとお願いします<(_ _)>