デザイナーは好きじゃないと続かないのか?

ブログ

こんにちは。
ゆーへーです。

ぼくは、デザイン業界に就職して速攻挫折して4年くらい業界に戻ってきませんでした。
なぜ挫折したのか?となぜ戻ってきたのかを書きます。

  • 会社辞めようか悩んでる人
  • デザインがうまく出来ない人

に読んで欲しい。
独り言みたいなものなので、暇だったら読んで欲しい<(_ _)>

先に結論:仕事は好きじゃなくても出来るけど、合わない仕事を続けるのは難しい。

デザイナー1年目で辞める人が多いのはなぜか?

デザイン業界ですが、1年目で辞める確率がかなり高い。
理由は以下だろう。

  • 給料がめっちゃくそくそ安い
  • 拘束時間がくっそおおおお長い
  • デザインがうまく出来ない。

デザイナーの人はもちろんわかってると思いますが、1年目は給料がくそみたいに安いです。
理由は単純なもので、売り上げに貢献してないってのとそもそもデザイナーの給料が安いからです。
ちなみに当時手取り13万でした。

ぼくが入った当初、10年くらいやってる先輩ですら28万程度でした。
バイトもあまりしたことがなかった自分にとってそれが高いのかどうかもわかりませんでしたが、今ならわかります。

今のゆーへー
鬼安いです(/ω\)

拘束時間が長いと書きましたが、長いです。
拘束なので、常に働いているわけではありません。
休憩時間も結構長いですが、拘束時間も普通じゃないくらい長いです。

夜中に帰るの当たり前です。よく3時とかに帰ってました。長い時は一ヶ月くらい続きます。
友人のデザイナーにきいてもそんな感じだったのでまぁこれがデフォルトだったのだろうと。

挫折した一番のきっかけは、デザインがうまく出来ないって事でした。
入社3カ月目にロゴの提案をして欲しいといわれて、いろいろ本みたり、発想の授業の事を思い出しながら3日くらい考えたんですが、全然ダメでした。

若いゆーへー
あーこりゃダメだ。もうーヤダ。やめたい。。。

最初の挫折。。。デザイナーである限り提案は常にし続けなければなりません。
これが仕事が忙しくて業務が重なったりすると余裕がなくなってきて、あぁぁぁぁってなって考え方がどんどん固くなってきます。

余裕がなくなってくる。結果どうなったかというと。

1年目に会社辞めました。

実のところ僕は優秀でした。1年目にしてはですが。
仕事を覚えるのはかなり早かったと思いますし、スピードもなかなか早かったです。

去年、先輩にきいたから間違いない。

ただスランプというか苦手な分野の仕事があると、長い時間考えたり全然仕事にならない事がありました。
今ならそんなことで辞めたりとかしないんですが、これはデザイナー1年目によくある事

前の会社でも、未経験のデザイナーの子にデザインの仕事お願いしたら、数か月後辞めちゃったって事がありました。
僕もですが、なぜ辞めてしまったかというと、デザインは自分で考えてなければならないって考えだったから。

ぱくれって事ではないんですが、他の人のデザインとか、意見をもっと参考にしていれば良かったんですが、結構固く考えてました。

あと一つ、そもそもの問題があって、なんのためのデザインなのか?ってところをすっとばしてビジュアルから入ってたのが良くなかったんだと思います。
つまりターゲット設定とかペルソナとか言いますが、全然やってなかった。

若いユーヘー
会社名と色聞いただけじゃぁダメですよねぇ( 一一)

1年目で辞めて、その後は、パチンコ屋カラオケ屋と3年くらい働いていた。
ふらふらしてたので、親に怒られて実家に帰って前の職場ではなくパチンコ屋に半年働いて前の職場にバイトで働く。

好きじゃなくても、仕事は出来ると知った。

前の職場では、デザイナーではなくパソコン使った簡単な作業の仕事をしていました。
デザイン事務所たてるよって事で入って3カ月目くらいでそっちに移動して、デザイナーにまた戻りました。

デザイナー以外を経験してわかった事がある。

デザイナーは多くの事を経験した方が良い。

高校卒で、バイトもあまりしてなくて、友達ともどこか行ったりとかもあんまりなくて、やってたのは学校の課題くらいだったのでソフトの使い方は完璧なくらいに覚えてたけど、世間の事、社会の事、会社の事知らなさすぎた。

知らないんだから、ペルソナなんてわかるはずもないし、だれに売ってる商品なのかもただしく想像できるわけがない。
自分が思ってるだけで本当は違うって事はよくある事。
去年でてそこそこ話題になった本ですが、ターゲット設定をしたデザインとは?みたいな事。

地元のデザイン事務所に入ってからロゴの仕事は入ってきました。
その時は、悩みはしましたが問題なくデザインが出来ました。
理由を考えると。

  • 多くのデザインを見てきた。
  • 人に意見を求めた。
  • ターゲットなど打合せでしっかり聞いた。

何かを作る時は、しっかり準備をしないとなかなか思った通りには進みません。
1年目で辞めて挫折してしまったのは、見切る力もないのに早々に諦めてしまったから。

今だから言えますが、商業デザインに才能は必要ない。

もちろんすごい人はいる。すっげーって思う人は先輩にも同期にもいた。
僕はそれにはなれないが、一つ出来る事はあった「覚えたり慣れるのが早い」

覚えるのが早い=パクる技術も覚えるのが早い!

人のマネは褒められたものじゃないかもしれないが、たくさんの技術を盗みまくればいいものが出来る
自分なりの解決方法として出てきた一つの答えがこれだ。

まぁ相変わらずロゴデザインは苦手だけど。

自分に出来る事を見つけて答えをだす

今年、フリーランス4年目になりますが、なんだかんだデザイン業界に8年いる。
長く続ければ、見えてくるものがある。

1年目だと見えないものがたくさんある。だから悩む。

デザイン初めて間もない人、コーディングやってて間もない人は悩む時間も当然長いだろう。
誰もが通る道だし、諦めたらゲームセット。安西先生じゃないですけど。

3年間同じ会社にいる必要は全然ないけど、3年間続ければ良いと思います。

ぼくが8年続いた理由は、単純なもんで、
「いろいろやったけど、デザインが一番楽しかったし、他に出来る事なかった

その結果が今

結論:仕事は好きじゃなくても出来るけど、合わない仕事を続けるのは難しい。

ながい独り言でした<(_ _)>

気に入った記事であれば、ぽちっとお願いします<(_ _)>