タイのコワーキングスペース(プロムポン駅周辺)で仕事してきた。

フリーランスの心得

英語ペラペラで、タイ語もちょっとわかる。
コワーキングスペースだって、日本でやってるのに何回か行ったことがあるし、海外のも利用したことがある。

しかし、僕はコワーキングスペース利用したことがない。使い方がわからない!
というかまさに僕がいまそんな感じです。

結論から言うと、コワーキングスペースなかなか良かったです。
コーヒーはインスタントなのであんまりです。近くのスタバに行ってください。

僕のスペック

  • 英検5級
  • タイ語2年ほど勉強(あんまりわかってない)
  • そんなに積極的じゃない
  • コワーキングスペース使ったことがない
  • Mac持ってない。mouse使ってる。

そんな僕が行ってきました。

ワンデイ ホステル(Oneday Hostel)のコワーキングスペースに行ってきた

ワンデイホステルはプロンポン駅を降りて、5分くらい歩いたところ。
BTSをエンポリアム側に降りてsoi ariをちょっと歩けばつきます。

他にもアソーク駅の近くのコワーキングスペースと、トンローにあるコワーキングスペースと行ってきたけど、受付に誰もいなかったから帰ってきた。
予約とかいるんだったのかもしれない。検索して、ここがなかなかいいよって事で行ってみました。

トンローのコワーキングスペースもアソークも若干歩くのがめんどくさってのを歩いて気付いたので駅近がいいですよね。

カメラの線忘れたので写真は後日アップします。

ネットのスピード、使いやすさ、居やすさはどう?

そこまで早くはないものの、特に問題のあるスピードでもないかなーと思います。
若干おもいかなーとは感じしますが、不便さは感じませんでした。

珈琲も頼んだら席まで運んでくれました。コーヒー飲めなかったってブログもあったんですが、言わないと沸かしてくれないみたいなので、言えば珈琲を入れてくれます。お菓子とかもあります。

中は、古い本とか、デザインの本?よくわかりませんが、なかなかセンスある雑誌がおいてありました。
基本は英語です。フリーペーパーも置いてありましたけど、やっぱ日本とは全然ちがうなーって思います。
文字量とかもそうですし、レイアウトもかなり違いますね。

ここにいるだけで、ノマドワーカーになれた気がします(笑)
コワーキングスペースはおしゃれにこだわってほしいですよねぇ。

英語・タイ語は必要なのか?

英語は必須だろうと思いますが。僕の英語力は5のゴミです。
僕でも大丈夫だったので大丈夫です。

タイ語も覚えてると便利です。よく使うタイ語

  • ホンナム、ユーティナイ(トイレどこ?)
  • コー、ナンパオ(水ください)
  • サワディッカー(あいさつ)
  • コップンカッ(ありがとう)

困ったときは英語ないとほんと困るなぁってなりますが、相手も親身に対応してくれるので、ほぼほぼ大丈夫です。
プロンポンは日本人も多いエリアなので、マジで困ったときはその辺の日本人に声かけたらいいと思います。

日本人多いエリアは日本語できるタイの人も多いようなそんな気がしますね。

一番よくないのは何も伝えようとしないことですね。
ボディーランゲージでも、知ってる単語でもいいので、伝えるのが大切です。

ただわかってくれないときはわかってくれないんで、Google先生に頼みます。
英語の本か、タイ語の、指差し会話帳とかあればたいがい大丈夫です。

Mac持ってなくても恥ずかしくない

Oneday Hostel のコワーキングスペースしか行ったことないので他がどうなのかはまだわかりませんが、びっくりするくらいMacの利用率は高いです。
でも僕は、Mac信者ないので、Macは使ってません。持ってません。持ったことはあります。学生の時に。

僕がつかってるのはマウスのゲーミングノートPCなので結構ゴツイです。
食べかけチーズがワンポイントのおしゃれなやつです。りんごなんて食べかけてたらすぐ酸化してしわっしわになります。
その点チーズはどうでしょうか。何年たってもずっとおいしい、むしろ時間がたつほどおいしい。

Macもってなくても大丈夫です。Mac miniもって仕事してる人もいる!

まぁでもデザイナーとかIT系の人ってMacの利用率高いので、Macもあった方がいいのかなーなんて思います。
なので、次はHPのスペクトルあたりを買います(^^)/Macぜったい買わない。

 

最後に

コワーキングスペースなかなか良いです。日本に帰ったら近所のに行ってみよう。
どっちがいいのかレビューします。

フリーランスになって、余計思いますが、普段は家に引きこもって仕事してます。
別に僕はこれが嫌ではないですが、なんで仕事してるんだっけ?って気持ちになるときが多々あります。

場所を変えるとそれが変わるのかって言われるとそうじゃないかもしれないけど、多少は気晴らしになります。
人がいるかいないかってのは結構、大事なことで。こういった場所で会話することはたぶんほとんどないかもしれないですが、何かのきっかけで輪が広がるかもしれません。少なくとも家にこもって仕事していてはそれはできない。

何か共通の話題、趣味とかで仕事をもらったこともありますし、フリーランスだけでなく、サラリーマンもどんどん外にでることをお勧めします。

ちなみにこのワンデイホステルは、ドミトリーもあるので、一泊込み+コワーキングスペースで650バーツ、だいたい2000円ほどです。

 

それにしても唇がすごい乾く。そして痛い。
日焼けかなこれ。
タイは日本よりは涼しいです。

ギャラリー

 

気に入った記事であれば、ぽちっとお願いします<(_ _)>