コーディング合宿、家に人を呼んでみて変わった事

先日、なんかよくわかりませんがiSara1期生の@shumarukitiさんが家に来ました。

なんでこんなことになったかというとこんなやりとりがあった。

「教えながら作業できたらいんですけどねぇ」

「ゆーへーさん迷惑でなければゆーへーさん家行きたいですけど。笑」

「ちょい遠いですけど(笑)」

 

そんで合宿が決まった。ちなみに距離でいえば150キロくらいある(/ω\)

余計がいろいろあったので、じゃぁー明日からでって感じで合宿スタート。
とはいえぼくは自分の家なので、特になにもないけど・・・。

3日間という短い間ではあったけど、細かい修正とか手を抜いていいところを教えた。

 

そして二日目、朝9時から作業しているしゅう丸さん。

 

はや!!!

 

ぼくはリビングに降りてやれやれと珈琲飲んでたら11時半(/ω\)
これが年齢の違いか( ^)o(^ )

バイタリティある人はちがうなーと感心しかなかった。
しかたなく僕も仕事をすると見せかけて、しゅう丸さんと一緒に昼めしを食べに喫茶店へ(カレーを食った)

 

昼(2時)からは真面目に仕事してましたが、ほら。風呂入りにいかないといけないからさ。
6時には仕事を終えて温泉へ。

 

温泉で飯もあったので、食べて帰ったらあれよ。もう9時よ(/ω\)
温泉はいるとすごい体力つかって疲れるんだけど、やらないといけないことがあったので、11時まで仕事。

 

次の日も朝9時から仕事をしているしゅう丸さん。

すごひぃ( ^)o(^ )・・・・家でも朝から夜まで働いているんだとか・・。

 

3日間という短い間だったけど、一様データ納品も完了し、最後にぽろっと「こういう見積もりの出し方したらいいよ」とアドバイス。
1日後に仕事がとれたとの吉報・・・マジか。
しゅう丸さんの実力もあってのことだけど、アドバイスが役に立って良かったとおもった。

ちなみに昨日と一昨日書いたブログです。

>>【悩み解決】仕事に困らないフリーランスになるための仕事術

>>[初心者向け]適当ではダメ!失注するかもしれない見積もりの出し方

ベテランからしたら当たり前の事だろうから、気にもしてなかったんだけど今回しゅう丸さんが来てくれたおかげで気づくことが出来た。
ぼくはビジネスの事も、こういうテクニック?の事も誰かに聞いたわけじゃないし勉強していたわけじゃないから、なんとなくこっかなー?みたいな感じで今もやってきてる。

だからこういうのはわからなかったんです。

人に何かを教えるのは、自分のためにもなる。

それにしても全然働いてないな(笑)

最後に一言

やる気がある人が近くにいるとこっちもやる気が出る!
逆はわかるな。

まぁそういうわけで、ここ数日は時間も出来たし頑張ってブログを書いていたってわけです。

合宿お疲れ様でした。

赤ヒツジ先生~コーディングチェック~

このサービスは、コーディングのHTMLチェックではなく、デザイン通りにコーディングできているかをチェックするサービスです。